2011年01月11日

3猿考察

えーっと、個別の考察はまた別途用意しますが、
次の考察対象はヤナッキーバオッキーヒヤッキー(通称:3猿)です。


BWでは最初に選んだ御三家のタイプに応じストーリー序盤で手に入るポケモン。
全体的にややおとなしめな能力ながら、終盤までなんだかんだ便利な子だと思う。

3匹とも「75-98-63-98-63-101」という種族値を持つ。
素早さはガブリアスにこそ負けるが激戦区100族より1勝る点はメリット。
攻撃範囲も広くアタッカー向きで、物理型、特殊型、両刀型どれも可能。

特性は3匹共通で「食いしん坊」である。
チイラ、ヤタピ、カムラなどが解禁されていない現状では死に特性に等しいが、
解禁後はこれら木の実を利用した使い方に期待できる。


3猿を考えるにあたって忘れてはならないのはライバルポケモンの存在。
タイプが若干違うものもあるが、具体的には……

・ヤナッキーはジュカイン
・バオッキーはゴウカザル
・ヒヤッキーはスターミーフローゼル

これら速攻系アタッカーとの差別化は考慮する必要がある。
(勿論、劣化上等という型でも十分な強さを発揮することは事実ではあるが。)

詳細な差別化議論に関しては個別の考察の際に触れてみるのでここでは割愛するが、
3匹ともライバルの存在がなかなかに大きくて厳しいという点は否めない。
特にバオッキーがかなり深刻な悩み……。


しかし、強調しておきたいことは、3猿そのもののスペックは決して低くなく、
むしろ種族値のわりにはタイマン性能が高く優秀な部類に入ると言えるという点。

例えば、私自身も第4世代のころに主催したことがあるが、
種族値制限のあるルールのもとであればトップクラスの強さを発揮できそう。


では、次の記事以降、個別の考察を展開してみますのでお楽しみにw
posted by パプ★リカ at 23:09| Comment(0) | BW新ポケ考察(笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。