2010年09月09日

厨振り? 耐久振り?

以前も関連した話題の記事を書いたけど……
今回はそれよりは少し踏み込んだ内容にしてみる足

というのも、最近ポケモンの努力値の振り方に悩むことが増えてきたからふらふら
そして、かたくなに厨振りを否定する人またはその逆がいるのが腑に落ちないからバッド(下向き矢印)


結論から言うとどっちもありだろってことが言いたいんですけどいい気分(温泉)



その前にまずは言葉の簡単な定義付けをしないとですねひらめき

厨振り:どこか2つのステータスに努力値を252にぶっぱで振ること
調整振り:厨振り以外。仮想敵を踏まえて攻撃力・耐久力・素早さなどを目標の数値に


大雑把だけどこんなもんでいいかなたらーっ(汗)


で、当然それぞれ長所短所があります。私が思うところを下にまとめてみますね左斜め下
(但し、長所が逆に短所になったりするケース、必ずしも当てはまらないケースもある)

厨振り
【長所】
絶対的な数値を確保できる
交替先への圧力(アタッカーの場合)
・努力値振りが楽
【短所】
努力値の無駄がある(ex.252振っても振らなくても確定数が変わらない)
・ちょっと努力値を工夫すれば勝てる相手なのに勝てないという勿体ない現象
環境に即していない場合がある

調整振り
【長所】
・一定の状況下での安心感(○○確定耐えという裏づけの元に行動できる)
タイマンに強い
環境メタ
対応範囲の拡大(厨振りでは対応できなかった相手に対応できるようになる)
・無駄をなくして最適な配分ができる
【短所】
・交替合戦による蓄積ダメージで調整が崩れる
・努力値振りが面倒
環境に依存するがゆえに環境把握を失敗すると腐る
・単純な火力、耐久力が欠ける場合がある(中途半端になる)
・必要な数値を確保するための厳選難、種族値不足の可能性


こんな感じかなと個人的には思っていますダッシュ(走り出すさま)
ただ、必ずしもこの通りではないというのが大前提です。
例えば調整振りの長所に挙げた「最適配分」に関しては、場合によっては厨振りが最適ということもありますし。



〜 ではどのようなポケモンが厨振り向きで、どのようなポケモンが調整振り向きか? 〜

調整振りはおおざっぱに言って

・仮想敵の攻撃に耐えてかつ決定力を出したい
・素早さを抜きつつ確実にしとめたい

のようなことを実現するためのものですが、条件を満たすには数値が必要になります。
やりたい仕事量が多かったり強敵を想定した場合などは必要な数値のハードルがあがりますがく〜(落胆した顔)

つまり、種族値が高くないと調整振りはしづらいという側面は否めません。

逆に種族値が低いと厨振りでなければ耐久力or決定力を確保できないことがほとんどです。


すると、
「高種族値は調整振り向きで、低種族値は厨振り向き」
ということが概ね言えるかなるんるん

ですが、これが絶対ではないでしょう。

種族値が高いポケモンのぶっぱは圧倒的な数値から相手に大きな負担をかけることができるし、
逆に低種族値のポケモンが特定の相手に勝つためには綿密な調整が必要ということもあるからですパンチ


結局は、使うポケモン何をさせたいか誰を相手にしたいか環境パーティバランス……
あらゆる要素が絡んでくるので一概に調整/厨振りどちらがいいかは決まってきません


「場合による」は議論の結論としてあまりよろしい答えではないですが、、
でもやっぱり「ケース・バイ・ケース」という結論でいいと私は思っていますわーい(嬉しい顔)

ともにメリットデメリットがある以上は優劣つけがたいし、選択はプレイヤーと環境次第かと。



ただ、個人的にひとつ言いたいこととしては……
厨振りにしろ調整振りにしろある程度しっかりとした理由のもとで行ったほうがいい
ということ。


例えば耐久振りで、「それ耐えてどうすんの?」って発想をたまに見かけることがあります。
耐えたとこで結局勝てないのに火力削ってまですることなのかしら? って思うケース。
「必要な火力を確保できたし努力値余ったから念のため」みたいな場合はいいんですがね。


厨振りの場合にしても、
アタッカーならどの程度の相手なら倒せる(どのくらい削れる)か、
受けならどのくらいの威力を何発くらい耐えられるか
ということは最低限把握しておいたほうがいいと思います。

勿論、とりあえず振ってみてから実践で感覚を養うというアプローチでもいいとは思いますがー(長音記号2)


なんにせよ……
「自分の育てたポケモンがどのくらいのことをこなせるのかという理解」
これの有無の差は大きいんじゃないかな?



と、見づらい点、考察や私自身の理解が不十分な点もあるかと思いますが、
私がポケモンを育てる上でなんとなく思っていることを書き起こしてみましたペン
posted by パプ★リカ at 23:11| Comment(3) | ポケモン雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相手の型とか立ち回り、選出にもよるものねー。交換多用する場合は特に崩れやすいし∠;。◕ˇ_ˇ◕。)ゝ

元からHP高い子とか、両刀の子なんかは調整重要になりそうだと思ってますー。でも個人的に一番面白いのは、同じ子で同じ技構成でも、調整違いで何匹も育てられること、かなー。それによって違うパーティに組み込めたりとか、相手の立ち回り崩せたりとかに加え、個体値の足りない部分を補ったりするのにも(理想個体だったら必要ないけれど)勿論ある程度の種族値は必要だけども、考え出すと止まらないくらい面白いでする(`・ω・´)長くてごめんね!
Posted by けある@調整厨 at 2010年09月15日 08:12
役割論理的にHAC全部振り以外ありえないw
高火力ポケモンで倒される前に倒し素早さ振りとかカスポケモンて人もいますから一概にいえないですよね…
私の場合あまり特定ポケモンを倒すための振りとのはしないですねー
範囲をわざわざ狭める事になりかねませんし
調整する場合は素早さ意識と確定数が変わる場合のHBD振り分けを変えるかガチ両刀のポケモンのAC振り調整くらいですかねw
Posted by るな at 2010年09月16日 03:13
>>けあるさん
場合によりけりなんですよね結局のところ;
交換で調整が崩れる側面もありつつ、調整してあるからこそ安心して後だしできるケースもありますし。
>元からHP高い子とか、両刀の子なんかは調整重要になりそうだと思ってますー。
私もまったく同じ考えです。例えばドンカラスとかDに振っておくと使い勝手が飛躍する印象。
>調整違いで何匹も育てられる
そしてこれも楽しみのひとつですよね!
やはりポケモンは対戦以外の準備の部分でもいろいろ頭を使うのが面白いです♪


>>るなさん
役割論理の考え方は非常に理にかなっていると思いますね。
交替合戦だからこそ、後続に負担をかける(ダメージレースに勝つ)のは有効ですし。
>範囲をわざわざ狭める事になりかねませんし
ただ、ここに関してはちょっと個人的には異論があるところですw
範囲を広げたところで倒せる相手が増えるかというと疑問が残るケースも多いと思うんです。
特定の相手を確実に倒せる調整をしておいたほうが活躍の場が結果的に広がるって見方もできますし。
これも場合によりけりですけどね;;
Posted by パプ★リカ at 2010年09月16日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。