2011年01月05日

夢ニドクイン考察

ニドクイン

タイプ:毒・地面 夢特性:力ずく
種族値:90-62-87-75-85-76

[概説]
繰り出す攻撃技の追加効果がなくなる代わりに威力があがる新特性の力ずくを獲得。
格闘や岩、虫を半減できるためヘラクロスやテラキオンなどを受けられる。
毒の棘や追加効果で根性を発動させる恐れもなくなり、ヘラ受けは以前より安定。
また、耐久振りだと決定力が著しく低くなる欠点も力ずく補正でカバーできるように。
単なるアタッカーの場合はニドキングのほうが向いているので、耐久を活かしたい。



[使えそうな技](前作必須技除く)
物理:毒突き、地震、エッジ、岩雪崩、馬鹿力、ドラゴンテール、アイアンテール、燕返し、のしかかり、なし崩し、シャドクロ、噛み砕く、(不意打ち)
特殊:ヘドロウェーブ、大地の力、波乗り、大文字、冷凍ビーム、吹雪、10万ボルト、雷、シャドボ、気合玉
変則:カウンター、(怒りの前歯)
補助:金縛り、毒菱、挑発、いちゃもん、甘える、誘惑、爪とぎ、吼える、毒々、おだてる、威張る、日本晴れ、雨乞い、眠る、身替わり、守る etc.


さすがの技のデパートっぷり。前作必須技がなくてもこれだけの十分なレパートリー。
力ずくの恩恵を受ける大技も多く、威力156もの技を繰り出せるのは魅力的。
基本的には特殊のほうが威力も範囲も優秀で、わざわざ両刀にする必要性も薄そう。
補助技も実はさほど入れるべきものがなく、範囲広げるほうが有益っぽい?


[持ち物候補]
・命の珠
力ずく対象技使用時に反動を受けないという仕様を活かすために。
耐久に重きを置いたがゆえに火力に振れないという場合にも有用。

・達人の帯
力ずく対象外の技をいれない限りは命の珠の下位互換。
パーティに珠持ちがいた場合の選択肢になる。

・黒いヘドロ
貴重な回復手段の確保。守るとのシナジー。
耐久よりなニドクインとは良相性。

・ゴツゴツメット
物理技を受けに出ることが多いので無しではない。

・オボンの実
役割を安定させるための選択肢。

・カゴの実
回復技が眠るしかないため。

・シュカの実、風船
物理方面を受けたいため、メジャーな地面対策は保険になる。
長持ちできるシュカのほうが使いやすいかと思います。

・イトケの実
ギャラドスやルンパッパあたりを想定するならば一応。


[役割・指数など](旧計算式、わりと大雑把です)
冒頭に挙げたとおりタイプ的に対格闘(特にヘラ・テラキ)性能が非常に優秀。
また、めざ氷程度では落ちないので電気相手もなかなか。
耐久を確保しつつ、力ずく補正の大技を返す使い方になるかな。
振り方はHBベースかHCベースがいいと思います。


◆火力
Aに下降補正をかけるのがベターだと思っているので特殊火力のみ計算します。

ヘドロウェーブ
 特殊最高火力が出せる技。命中安定。主な仮想敵は草格闘。一応ユキノオーも。
 他の技で範囲は十分なので優先度はそこまで高くないかもしれない。

 特攻実数値
  95 キノガッサ確1、ビリジオン確2
 137 ビリジオン確1@珠

大地の力
 広範囲命中安定一致技。テラキやグロス、バンギの弱点がつける。

 特攻実数値
  95 テラキオン確2、187-133メタグロス確2、ラティ眼鏡流星2耐えバンギラス乱3
 103 ゴウカザル確1
 107 テラキオン確1@珠
 109 ラティ眼鏡流星2耐えバンギ確2@珠
 118 ドリュウズ確1
 129 HAドサイドン確1@珠

大文字
 ヘドロウェーブよりも範囲が広く、昨今の需要を考えると確定でいれたい技
 相性優位なヘラクロス相手の遂行技になる他、4倍相手にも優秀。

  95 キノガッサ確1、H振りユキノオー確1、
    HDハッサム確1@珠、HAナットレイ確1@珠、ペンドラー確1@珠、
    ヘラクロス確2、草ロトム確2、
    ゲンガー確2@珠、ビリジオン確2@珠、187-133メタグロス確2@珠
 108 HDナットレイ確1@珠
 116 ASヘラクロス確1@珠

冷凍ビーム
 対竜は勿論、草や飛行、地面相手にも打てる広範囲技。

 特攻実数値
  95 ボーマンダ確1、ガブリアス確1@珠
    キノガッサ確1@珠、ムクホーク確1@珠、
    ボルトロス確2、H振りサンダー確2@珠、H振りサザンドラ確2@珠
  98 H振りヤチェMSカイリュー確2
 113 無振りオノノクス確1@珠
 127 ボルトロス確1@珠

10万ボルト
 苦手な対水への牽制、4倍相手など。但し、対水は基本的に不利。

 特攻実数値
  95 H振りギャラドス確1@珠

気合玉
 地面と範囲がやや似ているが、効果的な相手は多い。

 特攻実数値
 121 無振りサザンドラ確1@珠
 126 ラティ眼鏡流星2耐えバンギラス確1@珠

◆物理耐久
具体的にどのくらい振るかというのはなかなか決めづらかったりする。
振り方次第では半減実なくても一致地震を耐えたりするのでそのあたりを考えるか、
得意な格闘タイプの一致技を複数回受けても平気なくらいまで考えるか。

ヘラクロスの鉢巻インファを2耐えできるくらいの耐久は欲しいかな?

珠があれば最低限の遂行速度が出るので、面倒ならばHB極振りでいいかも。


◆特殊耐久
H振りだけでもそこそこの耐久はあるが、油断は禁物。
速攻型電気ポケモンのめざ氷2耐えくらいはできそう。


◆素早さ
素でメタグロスよりも速いのは評価できる。
グロスに速さ負けすると優劣が大きくかわるので意識したい。

手近なところでは4振り80族抜きのS107くらいにまで振る?
Sに大きく振る場合、耐久意識しない限りはニドキングのほうが適任かと。


◆配分例(便宜上6V想定)
193-91-135-116-105-96 (性格:図太い 努力値:h220b124c164)

C:大文字@珠で無振りヘラ確1(無振りは少ないかもだけど参考程度に)
B:意地っ張りヘラの鉢巻地震≒殆どのアイテム無しタイプ一致地震耐え
D:ライコウのめざ氷低乱数2、ボルトロス級だと中乱数2
S:さほど振ってないメタグロスは抜ける程度(気休め)

等倍火力の場合、物理方面はだいたい2発は耐えられる。
但し、拘られたり、ヒヒダルマのフレドラ級だと2発でもっていかれる。
特殊方面はアイテムなしゲンガーのシャドボ級の攻撃までは確3に抑える。


◆他のポケモンとの相性
ぱっと思いつくところで、サザンドラとの相性がまずまずいい感じ。
クインの弱点である水・地面・超に耐性があり、サザンの苦手な格闘を受けられる。
ともに氷弱点な点と、ガブやラティなどに上から押さえつけられると厳しい点、
このあたりを3匹目以降で補いたいところである。

また、度々強調している通りヘラクロスに強いのが最大の売りなので、
ヘラが天敵である霰パ(雪トドメインの構築)に入れるのもいいかもしれない。
霰ダメージをヘドロでカバーしてもいいし、珠吹雪を打たせるという選択肢もある。



[型サンプル]

★耐久アタッカー型
図太いor控えめ HB or HC or 調整 @命の珠
技:大文字、大地の力、他2つ

耐久を活かしつつ火力も確保し、流し性能を強める。
格闘に薄めなパーティに入れることで安定感が増すと思います。

★ヘドロ物理耐久型
図太い HB @黒いヘドロ
技:補助技含む4つ

単純に物理をうけることに特化した型。
守るや挑発、吠える、毒菱などの補助技を入れたいところ。



posted by パプ★リカ at 13:30| Comment(0) | 夢ポケ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。