2011年01月14日

ヒヤッキー考察

ヒヤッキー

タイプ:水 特性:食いしん坊
種族値:75-98-63-98-63-101

[概説&差別化議論]
3猿考察最後は水タイプのヒヤッキー。
使いやすさ(強さ)では3猿の中でも頭ひとつ抜けている印象。
特殊ではスターミー、物理または両刀ではフローゼルがライバルになるが、
前者とは弱点の少なさや気合玉、挑発・悪巧みなどの補助技で、
後者とは岩雪崩やアクロバット、草結び、両刀時の特殊火力などで差別化可能。




[使えそうな技]
物理:滝登り、アクアテール、けたぐり、ローキック、岩雪崩、アクロバット、噛み砕く、しっぺ返し、投げつける、泥棒、欲しがる、恩返し、自然の恵み(電気、炎)
特殊:ドロポン、波乗り、熱湯、冷凍ビーム、吹雪、草結び、気合玉、めざパ(電気、炎)
補助:アクアリング、挑発、いちゃもん、リサイクル、毒々、威張る、爪とぎ、奮い立てる、くすぐる、悪巧み、日本晴れ、なりきり、身替わり、守る、眠る、寝言 etc.


さすが水タイプなだけあって3猿で唯一の冷凍ビーム使い。
格闘技で水全般が苦手とするナットレイも対策できる。
また、悪巧みも水タイプの中では珍しい積み技。
範囲とあいまって抜き性能を高めることが可能になるでしょう。


[持ち物候補]
・気合の襷
行動回数を稼いで確実に悪巧みを積んだり。

・命の珠、達人の帯
アタッカーとしての使い勝手向上。

・各種ジュエル(飛行、水など)
アクロバットを入れる物理型における選択肢。
水タイプの強化なら眼鏡(鉢巻)でいいと思う。

・拘り眼鏡
技4つフルに使って範囲を確保できるので強力。

・拘り鉢巻
ごり押しアイテム。眼鏡のほうが有用ではありそう。

・拘りスカーフ
対スカーフメタにもなる優秀なアイテム。

・チイラ、ヤタピ、カムラなど
身替わりと絡めて使うにしても悪巧みのほうがよさげ。

・半減実
念のため程度の。


[役割・指数など]
他の水タイプと違って耐久を活かした後出しなどはできない。
ヒヤッキーの強みは100族を抜ける素早さからの広範囲潰し。
終盤に出て手負いの相手を狩っていけると素敵かな?
もちろん、先発にも向いている。

他3猿と比べて物理や両刀にするよりは特殊1本でいける気はする。
努力値はCS(またはAS)極振りでいいでしょう。

◆火力(252振り前提で計算します)

滝登り、アクアテール
 物理型のメインウェポン。
 火力はドロポンに大きく劣り、弱点をつける岩や地面は防御が高め。
 命中安定で怯みも狙える滝登りか、威力のアクアテールかは好みで。

 アクアテールでハードロックドサイドンを落とせないのは覚えておきたい。
 (※特殊技ならD振りだとしても確定で落とせます)

ハイドロポンプ
 ヒヤッキーのメインウェポンはドロポン確定でいいと思います。

 H252メタグロスを超高乱数2発。珠持ちならD133グロスも確定2発。

 眼鏡ドロポンは特防特化ズルズキンが超高乱数2発くらい。
 だいたいのポケモンを確2にできる(H振られても7割程度は削る)ので、
 終盤に投入することで一気に相手を掃除できる可能性は高そう。

 また、悪巧みを積めればH振りのサンダーやヘラクロスを乱数で落とせる火力に。

波乗り、熱湯
 命中安定。但し、水技は等倍で押せる範囲が広いこともあって威力を取りたい。
 熱湯で火傷を粘るスタイルは高い耐久から連発できるポケモン向きであり、
 ヒヤッキーの耐久でそれをやるのはオススメできない。

冷凍ビーム、吹雪
 必須技といってもいいくらい有用な技。
 スターミーと特攻は2しか違わないので冷凍ビームで威力は十分。
 なお、素吹雪と珠冷凍ビームは威力がほぼ同じである(後者のほうが若干上)。
 また、眼鏡冷凍ビームと珠吹雪では後者のほうがやや威力があります。

 無振りオノノクスは吹雪でぴったり確定1。

 対サザンドラは素撃ちなら冷凍ビームでも吹雪でも確定数はともに2発。
 眼鏡冷凍ビームが無振りサザンを低乱数、珠吹雪だと高乱数で1発。

草結び
 対水タイプ用の技。相手の技が水・氷ならごり押せる。

 珠持ちでちょうどH252ミロカロスを確定2発。

けたぐり、気合玉
 4倍やナットレイ、呼び水リリーラなどが対象。
 スターミーと違ってナットレイに有効打を持てるのが大きな強み。
 ダメージ量に関しては他3猿のページを参照してください

岩雪崩
 物理型のサブウェポンだがヤナッキー、バオッキーに比べると優先度は低め。

アクロバット
 草タイプに通るので物理型なら必須かと。
 細かく計算はしないけどもジュエル込みなら1発で落とせる相手もそこそこいそう?

噛み砕く
 対ヤドランやブルンゲル……半分も削れませんし特殊型で草結びしましょう。

めざパ(電気、炎)
 4倍ピンポイントだが補正アイテムがないと確定に入らないこともしばしば。
 炎は最速を捨てることになるし、ハッサムはドロポン、ナットレイは気合玉でいい。


◆物理耐久・特殊耐久
努力値を回して耐久調整はする必要も余裕もないといっていいかも。
ここでは仮想敵とか関係なく、どの程度耐えるか目安を列挙してみます。

高乱数1 ガブリアスの逆鱗、テラキオンのインファ、臆病シャンデラのエナボ
中乱数1 ローブシンのアムハン
低乱数1 意地っ張りムクホークの恩返し、スターミーの10万、ゴウカザルのインファ

 確定2 サザンドラの悪の波動、メタグロスの思念の頭突き、ヒヒダルマの馬鹿力


◆素早さ
最速で。


◆配分例(便宜上6V想定)
他の3猿同様、大前提は極振りです。
何か思いついたら追記します。


◆他のポケモンとの相性
他の3猿と同様に控えの安定感は大事。
いわゆる「水枠」としては耐久不足である点は注意。
電気タイプが鬼門なので、対電気性能に優れるポケモンを是非。

[型サンプル]
★特殊フルアタ型
臆病 CS @拘り眼鏡、拘りスカーフ、命の珠、気合の襷など
技:ドロポン、草結び、気合玉、冷凍ビームor吹雪

手っ取り早くフルアタ。これだけで十分なスペック。

★悪巧み型
臆病 CS @気合の襷、達人の帯、命の珠など
技:ドロポンor波乗り、悪巧み、草結びor気合玉、冷凍ビーム

持ち物は確実に積むための襷が候補筆頭。
積んでから一気に抜きにかかりたい。

★物理型
陽気 AS @飛行ジュエルなど
技:滝登りorアクアテール、けたぐり、アクロバット、挑発or身替わり

あまり有用性を感じないが一応。
草に刺さるアクロバットは是非欲しいので持ち物はジュエルが最適。

★両刀型
せっかちor無邪気 最速AC調整 @命の珠、気合の襷など
技:ドロポン、けたぐり、他2つ

わざわざ両刀にしたところで恩恵は薄いと思われる。
気合玉よりもけたぐりの方が安定感ある……程度かな強いて言えば。
努力値を割くことで火力が中途半端になるデメリットのほうが怖いです。
posted by パプ★リカ at 13:15| Comment(0) | BW新ポケ考察(笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。