2011年01月16日

フリージオ考察

フリージオ

タイプ:氷 特性:浮遊
種族値:70-50-30-95-135-105

[概説]
最速の絶対零度使い。特防の数値は新ポケ中No.1である。
一方、物理方面の耐久に関してはペラッペラ……。
地面無効、零度使い、特防高めという点で見ればフリーザーに近い?




[使えそうな技]
物理:氷の礫、高速スピン、締め付ける、大爆発
特殊:冷凍ビーム、こご風、吹雪、ソラビ、ラスカ、めざパ(炎・格闘・地面など)
変則:絶対零度
補助:自己再生、リフレクター、光の壁、白い霧、黒い霧、溶ける、あやぴか、毒々、威張る、身替わり、守る etc.


攻撃範囲は非常に狭い。
吹雪を撃つくらいなら、吹雪を外す確率と同じ確率で当たる零度でいい。
こご風と礫は使うタイミングこそ違えど用途はやや似ているので選択で。
補助技はそれなりにあるので、上手く組み込んで使いたいところ。
自己再生と絶対零度がこのポケモンの胆でしょう。


[持ち物候補]
・食べ残し
特殊方面の耐久には優れるので受けつつ絶対零度の回数を稼ぎたい。
素早さもあるので身替わりも置きやすい。

・オボンの実
確定数をずらすことができれば吉。

・気合の襷
特殊方面はともかく、物理耐久が紙なので。
対特殊なら自己再生でつぶされた襷を回復できる場合も?
また、襷があるとドラゴン狩りが安定する。

・拘りスカーフ
スカーフ持ちのドラゴンメタ。
素で抜けないラティ兄妹に対して先手で冷凍ビームを入れることも。

・命の珠
アタッカーとして運用する場合の候補。

・溶けない氷、つららプレート
火力強化のためなら範囲的にはこれでもいい。
礫やこご風を持たせる場合にも有用。

・パワフルハーブ
ソーラービームとセットで一応。

・光の粉
運ゲ。

・半減実
持たせるならオッカがよさげ。

・光の粘土
両壁貼るならば……。


[役割・指数など]
特殊アタッカーや火力のない耐久ポケ相手に出て行って零度を撃つチャンスを作る。
とにかく零度、ひたすら零度。先制零度、流し際零度、もう一発零度……。
3割で頑丈or襷持ち以外のどんな相手も無理やり突破できるのだから強い。
また、ドラゴンキラーとしての運用もできなくはない。

努力値は素早さ最速は必須として、残りの振り方は工夫しても良い。
襷ならCぶっぱだし、零度の回数稼ぐならHPや防御に振るなど。

◆火力

冷凍ビーム
 メイン技。ヤチェを貫通できるほどの威力は出せない。

 特攻実数値
 120 無振りラティオスを下降補正礫込みで1発@プレート
 125 無振りオノノクス確1
 130 H252ラティアス確2
 132 無振りサザンドラ確1@珠
 141 無振りサザンドラ確1@プレート
 144 無振りラティオス確1@珠

凍える風
 襷持たせてスカーフドラゴン対策、流し際に撃って後続サポートなどに。
 スカーフ対策はこっちもスカーフ巻いたほうが得策な気はする。

 また、全振りしても無振りラティオス中乱数2程度ゆえ結局ビームと両立必須。
 こちらがプレート持ちならC振らずともこご風→冷凍Bで無振りラティを落とせる。

ソーラービーム
 パワフルハーブもしくは晴れパで。対水が主な用途だが、正直零度でいい。
 控えめミロのドロポンすら2発耐えるので、零度を打ち込むチャンスは多い。

 ちなみに、無補正252振りソラビで特防特化トリトドンをギリギリ落とせない。

ラスターカノン
 主に対同タイプ……だが、やはり零度でいい。

めざパ地面
 零度で(ry 襷持ちならヒードラン(確2)あたりに撃ち込めるかな?

◆物理耐久
脅威の防御種族値30。

弱点は格闘、岩、鋼など物理よりで、マッパやバレパンの先制物理技2つが抜群。
とはいえ、H252の場合、テクニシャンからの一致先制技以外は確定にされない。
(しかし8割〜乱数圏内がほとんどで、強化アイテムがあったら終わり。)

抜群一致先制技(実質威力120)で8割〜乱数圏内なので、
物理アタッカーのメイン技ならほとんど1発で落ちる耐久力ということです。

◆特殊耐久
紙の物理耐久と対照的に特殊方面はそうとう堅い。H252で十二分な特殊耐久を得る。


H252D4振り(HP実数値177-特防実数値156)の場合のダメージ量……

・無振りスイクンの波乗り     39〜46(22%〜25.9%) 乱数4

・無振りライコウの10万ボルト   48〜57(27.1%〜32.2%) 確定4

・ゲンガーのシャドボ       54〜64(30.5%〜36.1%) 乱数3

・控えめミロカロスのドロポン   73〜87(41.2%〜49.1%) 確定3
・図太いBCハピナスの大文字    74〜88(41.8%〜49.7%) 確定3

・控えめメガヤンマのさざめき@珠 78〜94(44%〜53.1%) 乱数2
・ラティオスのめざ炎@珠     81〜96(45.7%〜54.2%) 乱数2
・臆病サンダーの熱風       86〜102(48.5%〜57.6%) 乱数2

・スターミーのドロポン@眼鏡   100〜118(56.4%〜66.6%) 確定2
・臆病サザンドラの大文字     102〜122(57.6%〜68.9%) 確定2
・ボルトロスの気合玉@帯     122〜146(68.9%〜82.4%) 確定2
・ラティオスの流星群@眼鏡    138〜163(77.9%〜92%) 確定2

・臆病ファイヤーの大文字     152〜182(85.8%〜102.8%) 乱数1
・控えめサザンドラの大文字@眼鏡 170〜200(96%〜112.9%) 乱数1


テキトーに列挙してみた限りでわかる点は、

@耐久ポケモンの特殊技では絶対に崩されない
A速攻系アタッカーの等倍一致技はよくて乱数2、眼鏡でようやく確2。
B不一致弱点なら1発は耐える。
C一致弱点すら乱数で耐える可能性もある。

といったところか。

◆素早さ
最速推奨。
スカーフ持ちの場合もスカーフガブは抜きたいのでほぼ最速。


◆配分例(便宜上6V想定)

・サンプル1
177-63-50-115-156-172 (性格:臆病 努力値:h252d4s252)
特殊受けから零度を撃つ場合のオーソドックスな配分。
ちなみに、H全振りで16n+1調整になっているので残飯身替わりにも最適。

・サンプル2
163-63-50-130-155-172 (性格:臆病 努力値:h140c116s252)
スカーフを巻いた場合の配分例。H252ラティアスを2確できる程度にまで特攻を調整。
臆病サザンの大文字@珠、ボルトロスの気合玉@珠くらいまでは確定で耐える。

・サンプル3
145-71-45-147-155-172 (性格:せっかち 努力値:a4c252s252)
アタッカー用の配分。勿論、性格は臆病でもいい。


◆他のポケモンとの相性
とにかく物理が紙なので物理耐久が十分なポケモンと組ませたい。
物理方面に強い水タイプと組ませると炎弱点も補えていい感じかもしれない。


[型サンプル]
★特殊受け零度型
臆病 HS @食べ残し、溶けない氷、気合の襷など
技:絶対零度、自己再生、冷凍ビーム、氷の礫or凍える風or身替わり

特殊や耐久ポケ相手に出して零度を何度も打ち込むチャンスを作る型。
身替わりを上手く残せるといい感じ。
リフレクターや光の壁を流し際に貼って後続をサポートするのもいい。

★スカーフ型
臆病 HS or CS @拘りスカーフ
技:絶対零度、冷凍ビーム、他2つ

スカーフガブにも先制できる。ラティに対して先制冷凍ビーム2発で落とすことも。
他2つは正直なんでもいい。役割回復のために流し際に自己再生を狙ってもいい。

★アタッカー型
臆病orせっかち CS @気合の襷、命の珠、溶けない氷など
技:絶対零度、冷凍ビーム、他2

結局のところ、絶対零度メインになるとは思う。
襷と礫があれば対ドラゴン性能は上昇する。

★晴れパ型
臆病 HS or CS @気合の襷、命の珠、溶けない氷など
技:絶対零度、冷凍ビーム、ソーラービーム、めざパ炎or自己再生

晴れパの苦手なドラゴン対策に。
ちなみに、不一致ソーラービームを使える氷タイプはフリージオだけである。

posted by パプ★リカ at 19:12| Comment(0) | BW新ポケ考察(笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。